大島優子さんがブログで今年最初の更新で決意を語りました。

『 私たちAKB48にとって紅白歌合戦というのは
 秋葉原発のアイドルグループとして
 エーケービー48ではなく
 アキハバラ48と呼ばれている当初から
 憧れであり、とても大切で思い出が
 詰まっている場所です

 そんな大切な場所に、
 そして大切な場所から、
 きちんとお別れしたいと思い
 紅白歌合戦での卒業発表をさせていただきました』

 と表明されています。

彼女自信留めている言葉の中に
『楽な道と苦しい道が二択あるなら 苦しい道を行け』

秋元先生の言葉だそうです。 

自分の卒業と言う事でAKB48にもっと成長してもらいたい 。

彼女のグループを愛する強い思いと 彼女自身の成長のために

避けては通れない道なのでは無いのでしょうか?

今や日本のアイドル史に残る事は間違いなく

彼女の卒業後もその輝きは消える事はないでしょう

大島優子オフィシャルブログ

 優子yjimage